少年詩2010

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・少年詩時評<9>人工知能 またまた

<<   作成日時 : 2016/12/08 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

続・少年詩時評H人工知能 またまた
         佐藤重男
 □
先日、「囲碁電脳戦」について、マスコミで大きく取り上げられたことを覚えておられることと思います。
11/24付朝日新聞記事
趙名誉名人、囲碁AIに2勝1敗 開発者「得るもの多い」 

 □
実は、本ブログでは、これまで二回ほど人工知能(AI)について取り上げてきています。
一つは「少年詩時評〈33〉人工知能と対決?」2014.2.14で、やはり当時話題になったプロの囲碁選手と人工知能の対戦で人工知能が敗れた話題を引いて、近い将来人工知能が勝利する日が来るであろうことを予測しています。さらには、人工知能は、少年詩・童謡すら
書くことが可能になる、と論じたのでした。

 □
二つ目は、
【6月22日付の朝日新聞朝刊の「天声人語」をお読みになったろうか。
ソフトバンクが人型ロボット「ペッパー」を発売したことに話題をとって、人工知能について書いています。この記事の特徴は、おしまいの一行に端的に表れているように思います。こうです。
「例えば人工知能に詩は書けるか。」】
という出だしではじまる「新・少年詩時評D人工知能と少年詩」2015.7.3
と題した論考です。「天声人語」の問いかけに対して、わたしは、「イエス!」との結論を下しました。

 □
そしていま、冒頭で紹介したように、人工知能は、囲碁界の巨星・趙名誉名人に一勝二敗するまでになっています。
一方、もう一つ、人工知能をめぐって大きな話題がありました。
それは、次のような記事です。(いずれも、朝日新聞朝刊)
11/15東ロボくん 東大届かず 13年度から挑戦 人工知能 英語克服できず 
11/25【教育】AIの弱点は「意味の理解」 東ロボくん研究 新井紀子さん(国立情報学研究所教授) 寄稿 仕事奪われぬため 人減こその力磨け 

「東ロボくん 東大届かず」とは、国立情報学研究所が長年にわたって、人工知能(AI)が難関大学に入れる能力を備えることができるかどうか研究・開発を続けてきたのですが、それが、今年、東大には入れないと判定されたことを指します。つまり、今のレベルではどうしても東大を受験し合格する能力まで達しないこと(特に「英語」)が判明したのです。もっとも、難関私大なら合格可能性80%以上に達しているとのことです。
なぜ東大には合格できないのか? 
その答えが、二つ目の記事『AIの弱点は「意味の理解」』、にあります。まだ目を通していない方はぜひ読んでみて下さい。
(要約すると、AIの基本はコンピューターで、したがって演算には強い。「論理と確率と統計」は、お得意。しかし、「意味を理解する」ことは不得意、云々…と。)

 □
次に掲げてあるのは、今年の1月から11月までの朝日新聞の見出しからの抜粋ですが、人工知能に関する記事の多いのが目につきます。

1/6【文化文芸】オリジナル?B機械と芸術 創造するAI(人工知能) 人間に迫る 小説・音楽…著作権の境は 
1/7トヨタのAI研究 国内にも拠点設置
1/24【波聞風問】人工知能 最後に考えるのは誰か
1/28人工知能、囲碁もプロに勝利 二段の欧州王者に
2/18【ニュースQ3】人工知能が囲碁のプロ棋士に勝利 どこまで進化する?
3/9人間vs.AI 囲碁頂上決戦 全5戦 韓国できょうから
3/10人工知能、最強囲碁棋士破る 敗れた九段「本当に驚いた」 英グーグル「アルファ碁」
3/13囲碁の人工知能 勝ち越し 最強棋士に3連勝/「大局観 人と異なる」
3/13AI 「直感」学び進化 最強棋士破る 過去の棋譜使い「最善手」到達 /接客・車 広がる活用 
3/14李9段 AIに初勝利
3/16囲碁AIvs.最強棋士 4勝1敗 トップ棋士ら「見えているもの違う」
3/18【月刊安心新聞】人工知能と囲碁 技術を支配するのは誰か 神里達博 1967生まれ 
3/20【社説】人工知能 ともに進化する未来に
3/22AIと共著≠P次選考通過 8割方人が手加えましたが… 星新一賞 応募の小説 受賞はならず/公立はこだて大、名古屋大、東京工業大学などのグループ 
3/26AI「ヒトラーは正しかった」MS、実験中止
3/29AI 病気診療手助け 病名など提示 医師の見逃し防止 自治医大、新年度にも試験
4/9【インタビュー】人工知能が開く未来 ・アルファ碁の圧勝 社会を変える予感 問われるのは人間 ソニーコンピューター沿い園巣研究所社長 北野宏明さん 61年生まれ/人間中心主義超え 近い関係に 情報社会学研究者 塚越健司さん 84年生まれ
4/14【科学】進化するAIと共存するには 人類滅ぼすかも…倫理面の議論始まる 「人間がブレーキ握る必要ある」の声も /「2045年に人類超える」 検索・家電…広がる応用
4/28AIやロボで雇用735万人減 経産省試算 2030年まで「現状」なら
5/17AI担う人材育成強化へ 安倍政権 成長戦略素案
5/20米グーグル AI技術の新商品 スピーカーが返事・メッセージアプリ 
6/1【インタビュー】ビッグデータと私 ・人工知能の判断で 個人の人生に烙印 排除や差別の恐れ ・人としての尊厳 民主主義の根源 貫くため議論を 慶応大学教授 山本龍彦さん 76年生まれ 
6/3AI研究心拠点ホンダ9月開設 東京・赤坂 海外機関とも連携
6/6人工知能 初の倫理綱領 学会素案 悪用防止求める
6/7倫理綱領 年内策定へ 人工知能学会 素案もとに検討
6/14AIが経営コンサルに? 日立・NEC開発中 文章120万本分析 判断支援 ビッグデータ仕入れに反映
6/30【科学】人類の行く末、学問領域越え議論 人工知能・生命科学…未来探るシンポ開催 「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」(日本学術会議主催)
8/10【文化文芸】人工知能 AIが気になる 文学界 ・小説の題材に 人間との境界線 問う 奥泉光さん ・小説を執筆 「理論上可能」研究進む 山田宗樹さん /新刊続々 解説書も
9/2【インタビュー】IT 30年後の未来 ・モノに加わる知能 次の産業革命うむ 新発想の手助けに ・AIとの協働 人間の価値は 答えより問い 米雑誌「ワイアード」創刊編集長 ケヴィン・ケリーさん 52年生まれ
9/6【波聞風問】人工知能 医療への活用 環境づくりを 編集委員・多賀谷克彦
9/7AI活用へ「未来投資会議」 政権方針 産業競争力会議は廃止
9/7人工知能、恋愛相談乗ります 過去の投稿3千万件もとに回答 NTTレゾナント
9/17【ひと】人工知能で医療分野に乗り出す元自衛官のIT企業社長 守本正宏さん(50)
9/17【わたしの誌面批評】人工知能を巡る報道 積極的な問題提起と議論の牽引を 東京工業大学准教授 西田亮介さん 83年生まれ
9/18人工知能 がん診断お助け ワトソン 8割で有用情報提示 遺伝子変異10分で特定 東大医科研
10/5AIは仕事を奪う? 識者ら議論 朝日地球会議、閉幕
10/6米グーグル AI搭載スマホ 話しかけるとアプリ起動
10/6医療用AI「ワトソン」日本版 京大・富士通など開発へ
10/7女子高生AI「りんな」俳優に /8日夜放送「世にも奇妙な物語」に 日本マイクロソフトが開発
10/18自動車向け AI開発へ デンソーと東芝
10/25AIの技 母への愛 キュウリ仕分け機 静岡の農家開発 「選別40年 少しでも楽に」
10/26【朝日地球会議2016】AIとともに生きる 労働力不足の解消 期待/格差拡大リスクも
11/8【波聞風問】人工知能 安全な未来へ 共生のルールを 編集委員・堀篭俊材
11/8【WEBRONZA】人工知能は死の夢を見るか?
11/9【耕論】AIと生きる ◇推論力磨いて使いこなせ 新井紀子さん 国立情報学研究所教授 62年生まれ ◇社会課題解決のツールに 栄藤稔さん NTTドコモ執行役員 60年生まれ ◇「人間第一」のルール必要 新保史生さん 慶応大学教授 70年生まれ 
11/10和製の囲碁AI、3局対戦 /囲碁ソフト「Deep Zen Go」
11/11AI、医療と介護に導入へ 未来投資会議 社会保障費抑制狙う
11/15東ロボくん 東大届かず 13年度から挑戦 人工知能 英語克服できず 
11/17AI 授業に活用 端末で学習進度把握■先生は声かけに専念/「教えない授業」で対抗
11/21AI、趙名誉名人破る 囲碁電脳戦 ハンディなし 初勝利
11/24趙名誉名人、囲碁AIに2勝1敗 開発者「得るもの多い」

 □
見落としているものがたくさんあるでしょうから、その記事の数は相当なものになります。おそらく、□AIに仕事を奪われるのではないか □AIは人間を超えてしまうのではないか、といった不安など、昨今の世相を反映していることは疑いないでしょう。
わたしたち、少年詩・童謡に関わる者は、どうしても、身の回りの生き物、草花、自然現象などに関心が向かいがちですが、それらの対極にあると考えられる「人工知能(AI)」
もまた、自然が人の営みと密接にかんけいしているように、わたしたちとは決して無関係ではありません。
「AIは詩を書けるか」という問いは、「わたしたちはなぜ詩を必要としているのか」、という問いでもあると考えていいのではないでしょうか。

                     ―この項 完―
2016.12.8


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・少年詩時評<9>人工知能 またまた 少年詩2010/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる