アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
詩集『水の色は地球の色』を読む
詩集『水の色は地球の色』を読む          佐藤重男  □ 詩集『水の色は地球の色』(津崎優子 リトル・ガリバー社 1995.4)を読みました。 だいぶ前に「少年詩・童謡・詩論研究会」の仲間だった、故・小松静江さんから「ぜひ目を通して」と送っていただいたのに、本棚に仕舞い込んだままになっていたのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/30 10:13
少年詩時評『生命、エネルギー、進化』を読む…
少年詩時評『生命、エネルギー、進化』を読む…          佐藤重男  □ 以前、本ブログで【「専門分野関連の本ばかり読んでいてはダメ」ということを聞いて以来、意識的に他ジャンルの本を読むように心がけています】、という話をしたことがありました。 先日、図書館の新刊コーナーを見まわしていたところ、『生命、エネルギー、進化』(ニツク・レーン みすず書房 2016.9)という本が目に入りました。 さっそく借りて家に持ち帰り、読み始めたのですが、まあ、なんとも難解なものを手にしたものだ、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 14:02
詩集『オレンジ色のあかり』を読む
詩集『オレンジ色のあかり』を読む          佐藤重男  □ 詩集『オレンジ色のあかり』(名嘉実貴 四季の森社 2017.4)が出ました。作品31編が収められています。 いつもは、順に作品を見ていくのですが、今回は、この詩集の特徴について考察してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 21:47
詩文集『花の語るらく』を読む
詩文集『花の語るらく』を読む           佐藤重男  □ 詩文集『花の語るらく』(藤井則行 能登印刷出版部 2017.5)を読みました。 31編の作品が収められています。 この詩文集『花の語るらく』は、「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」の四つの章から構成されているのですが、「はる」「なつ」「ふゆ」の三つの章には、24編の詩が、「あき」の章には7編の散文が収められています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 13:55
解説書「少年詩の魅力」を読む
『少年詩の魅力』を読む          佐藤重男  □ 『少年詩の魅力』(海沼松世 てらいんく 2017.4)が出ました。 「まえがき」に、 【詩は難しい、また少年詩って何?と思っている方々や少年詩のことをもっと詳しく知りたいと思っている方に向けて書かれています】p2 とあるように、いわゆる「少年詩の入門書」としての役割を担って、【七つの内容で構成】されています。各章の見出しを掲げておきます。  序章 詩とは何か  p7  T章 少年詩とは  p11  U章 詩の表現技法  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 11:25
少年詩時評「批評は第二の作品」
少年詩時評「批評は第二の作品」          佐藤重男  □ ある雑誌を読んでいて、これまでのわたしの少年詩・童謡集への批評において、何が足りないのか、その事に気づかされたことがいくつかありました。 その一つは、少年詩・童謡の作者が対象とどう向かい合い、その時、互いに交わしたものは何だったのか、そのことに、わたしは関心を寄せて読んできただろうか、ということです。 例えば、少年詩・童謡集に収められている作品のなかで、こう書いてあったとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 17:16
個人誌『風の靴を穿いて 19号』を読む
個人誌『風の靴を穿いて 19号』を読む          佐藤重男  □ 詩とエッセイ『風の靴を穿いて 19号』(北原悠子 2017.6)が届きました。 作品6編とエッセイ「詩と音楽と」が収められています。 作品は、そのどれもがタイトルが付けられていません。「*」マークで区切られています。 その中から一行詩を引いてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/07 09:51
資料室―報道のなかの子どもたち(121)17年6月
資料室 ―報道のなかの子どもたち(121)17年6月  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 05:23

<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

少年詩2010 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる