少年詩2010

アクセスカウンタ

zoom RSS 少年詩時評「少年詩と麺類」

<<   作成日時 : 2017/08/18 21:13  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少年詩時評「少年詩と麺類」
佐藤重男
 □
先日、あるテレビ番組を観ていたところ、食事の時に、一回で口に入れた食べ物を30回以上噛むことで、何を食べても減量につながるというのは、ホント?ウソ? というクイズをやっていました。
以来、わたしも食事の時に、食べ物を30回以上噛んでから飲み込むように心懸けてきました。そのせいかどうか、お腹まわりが少し絞まってきたように感じるのですが、どうでしょうか。
ところで、口入れた物を30回以上噛む、といっても、これはなあ、というものがいろいろありますが、麺類がその代表かもしれません。ラーメンはかなり近づけますが、うどう・そばを30回以上噛むのは、まず無理ですね。特に、そばは「すするもの」ですし、喉ごしを楽しむものですから、それを30回も噛むのは?
もちろん、試してみましたが……。

 □
さて、本ブログでは、これまで手にしてきた少年詩・童謡の詩集の中から、「これは」と思う作品を、「読み継ぎたい詩」として、書き写し、電子データとして保管してあるのですが、先ほど「うどん」「そば」「ラーメン」の三つのキーワードで検索してみたところ、「うどん」「ラーメン」は引っかからず、「そば」だけがヒットしました。次に、掲げます。

 □

 蕎麦   加藤丈夫

秋です
山の畑です
きのうまでは
蕎麦のはっぱが
風にそよいでいましたが
きょうは畑いちめん
まっしろな花

冬です
農家の庭先です
わらで編んだ筵の上で
蕎麦の黒い粒が
お日様の光を吸いこんで
主人の厳しい生業を
和らげようと相談しています

夜です
屋外は吹雪です
囲炉裏火囲んで
おとながふたりと
子どもが三人
蕎麦掻きふうふう吹きながら
こころの中まで暖めています
                   『ただ今 受信中』銀の鈴社 98・8



 どうぶついろはかるた   はたなか けいいち

いるかは かわでも およいで いるか
ろばくん ろばたで ろばぱん たべた
はげたか はげない けがない あたま
にわとり にわかに にわから にげた
ほろほろちょうが とろろで ほろり
へらさぎ へらへら くつべら くった
とんびと とんぼの こんびが けんか
  中略
けんけん なく きじ けんかが よわい
ふくろう ろうそく ふくろに ためる
こんどる でんしゃに こんども のれぬ
えみゅーが えびたべ ほほえみ ほほほ
てながざるさん ざるそば さんまい
ありくい くんくん くいけが さかん
さいくん はっさい はくさい きらい
 後略
『すかたんマーチ』らくだ出版 85・2



 やみの中で   鈴木初江

町のおそばやさんの
あったかいゆげに おくられて
父さんとぼく
軽トラックに乗る

にぎやかなあかりをぬけ
片側につづいた街灯も とおりすぎ
ポツンと見えてた
一軒家も 遠くなった

峠をのぼり くだり
また のぼる
ライトはすいとられ
重たいやみが おしつつむ

この世で ふたりきり
父さんと ぼく
                   『はねだしの百合』銀の鈴社 99・4

 □
以上、3編です。
なお、「どうぶついろはかるた」は長いので一部略させてもらいました。
先ほどもいったように、これまで読んできた少年詩・童謡集に収められている作品のすべてを検索した訳ではないので、このほかにも、「うどん」「ラーメン」、そして、「そば」を題材にした作品は多数あるはずです。
みなさんも、ぜひ、「うどん」「そば」「ラーメン」を題材にした作品を探してみてください。

 □
ところで、「10軒のそば屋を食べ歩いたら、うまい順にランキング付けが出来る」、と豪語する友人がいますが、そばに関しては、わたしにはその違いがまったく分かりません。そばは、「打ち立て、茹でたて」などと言いますし、「そばの香りが鼻に抜ける」などという話を聞くと、自分の知覚(味覚?)の鈍感さを嘆かずにはいられません。
とはいうものの、うどんの「こし」については、そこそこ分かりますし、「吉田のうどん」は、「ほうとう」より好きです。「こし」を越して、頑固おやじみたいな硬さですけど…。ラーメンも好きで、「手間暇掛けてるなあ」というのがしっかり分かりますね。「壱龍」「味噌一」がお薦めです。近くに「丸源ラーメン」というのがあって、そそられるのですが、まだ行ってません。
そうそう、ナナハンで東北一周をしたときに食べた喜多方ラーメン(福島・会津)も、美味しかったですね。たしか「まこと」とかいう店で食べたと記憶しています。喜多方は、蔵の町でも、有名ですね。(食べ物からは離れますが、やはり、ナナハンで旅行した先の、郡上八幡も風情があって、心に残っています。山口で、SLの重連に出会ったことも)
焼きそばも大好きで、富士宮焼きそば(静岡)は2回ほど食べに行きましたが、太田焼きそば(群馬)、横手焼きそば(秋田)は、まだ食べていません。いつか、と誓っているのですが…。
閑話休題。
             ―この項 完―

いつものことですが、作品の引用にあたっては、誤字・脱字などのないよう努めましたが、お気づきの点がありましたらお知らせください。

2017/8/17

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少年詩時評「少年詩と麺類」 少年詩2010/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる