アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
少年詩2010
ブログ紹介
少年詩と詩論のブログです。
発行 風速10000m+0
編集責任 佐藤重男


少年詩関連リンク先

レモンの車輪からの旅(はたちよしこ)
http://sharin.seesaa.net/

社団法人日本児童文学者協会
http://www.jibunkyo.or.jp/

てらいんくホームページ
http://www.terrainc.co.jp/index.html

少年詩・童謡「織音の会」(同人誌おりおん)
http://www009.upp.so-net.ne.jp/ginnga99/orionn.htm

木曜手帖公式ホームページ
http://www.mokuyou-tetyou.jp/

佐々木ひとみ(創作)のホームページ
http://www.k3.dion.ne.jp/~kogen/

株式会社 銀の鈴社
http://www.ginsuzu.com/

すぎもとれいこ(詩)のホームページ
http://www3.ocn.ne.jp/~hahihuhe/

児童文学同人誌「牛の会」
http://www016.upp.so-net.ne.jp/ushinokai/index.html



zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
少年詩時評「展望2018年 同人誌B」最終回
少年詩時評「展望2018年 同人誌B」最終回                   佐藤重男  □ 今回は、次の三誌を取り上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 12:25
少年詩時評「展望2018年 同人誌A」
少年詩時評「展望2018年 同人誌A」                  佐藤重男  □ 今回は、次の三誌を取り上げます。 「新潟児童文学2017版」(新潟児童文学 2017.4) 「窓 28号」(千葉児童文学会(窓の会)2017.9) 「牛 52号」(児童文学同人牛の会 2017.8) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 15:40
少年詩時評「2018年の展望 同人誌@」
年詩時評「展望2018年 同人誌@」                  佐藤重男  □ まず、2017年に、本ブログで取り上げた少年詩・童謡の同人誌について一覧を掲げておくことにします。(順不同 初めの数字は論考の掲載日 タイトルの後の数字は発行日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 12:19
少年詩時評「折々のことばコンテスト」から
少年詩時評「折々のことばコンテスト」から                   佐藤重男  □ 先日、『1月4日付朝日新聞朝刊に掲載された「折々のことば」(鷲田清一 981)」』の記事を引用しながら、本ブログの2018年の抱負について書きましたが、その「折々のことば」に関連したコンテストがあることを知りました。 同じく朝日新聞の1月6日付朝刊に「私の折々のことばコンテスト2017」の受賞作が紹介されています。 「3回目の今回は最多の3万1588点の応募がありました」(同記事より) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 09:52
少年詩時評「驚きと発見」(年頭のご挨拶)
少年詩時評「驚きと発見」                  佐藤重男  □ 1月4日付朝日新聞朝刊に掲載された「折々のことば」(鷲田清一 981)をお読みになったでしょうか。森村泰昌の絵本から、『おとなに なってしまったら、わからなくなることも たくさん あるはずだ。』(絵本『たいせつな わすれもの』)ということばを引きながら、さらに鷲田は次のような森村のことばを紹介します。 「はっと驚き、おやっととまどい、そうだったのかと発見」する、そういう気づきが芸術なのだ、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 09:59
資料室―報道のなかの子どもたち(127)17年12月
資料室 ―報道のなかの子どもたち(127)17年12月  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 07:29
少年詩時評「桃太郎考」再考
少年詩時評「桃太郎考」再考                  佐藤重男  □ 先日(12月25日)の朝日新聞夕刊の社会面に【桃太郎 鬼に子どもがいたら? 「退治は正義か」考える授業 岡山の中学】という見出しの記事が載っていました。 さらに、3日後の朝日新聞朝刊の「天声人語」(12月28日)で、この夕刊の記事が取り上げられ、そのなかで「相手の側に立ってみれば、見える風景ががらりと変わる」として、将棋の加藤一二三さんのエピソードも添えられています。    □ 実は、本ブログでも、今から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 16:01
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「青銅の洗面器」
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「青銅の洗面器」           佐藤重男  □ 今回は、『青銅の洗面器』(小林雅子 四季の森社 2011.12)に収められている作品を引くことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 09:16
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「絵のような村で」
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「絵のような村で」           佐藤重男  □ 今回は、『絵のような村で』(江間章子 大日本図書 1993.9第4刷/初版1991.3)に収められている作品を引くことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 14:37
少年詩時評「詩集『遠くから来た旅人』」を読む
少年詩時評「詩集『遠くから来た旅人』」を読む              佐藤重男  □ 詩集『遠くから来た旅人』(下田喜久美 リトル・ガリヴァ―社 1998.3)に、「六○兆個の細胞によってなり立つ/ 私という人間」p147 ではじまる、「宇宙」 という作品が収められています。 二連目は次のようにはじまります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 09:10
少年詩時評「溢れる音楽」
少年詩時評「溢れる音楽」                    佐藤重男  □ 朝日新聞夕刊の「音楽・舞台」欄に、「ポップスみおつくし」(増田聡 大阪市立大学准教授)という連載記事が掲載されていますが、11月27日付の同記事のなか、「ありあまる音楽」というサブタイトルでおもしろいことが書いてあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 12:03
資料室―報道のなかの子どもたち(126)17年11月
資料室 ―報道のなかの子どもたち(126)17年11月  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 08:59
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「みずたまりのへんじ」
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「みずたまりのへんじ」                      佐藤重男  □ 今回は、『みずたまりのへんじ』(はなわたえこ ジュニアポエム双書92 教育出版センター(銀の鈴社) 1993.9)に収められている作品を引くことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 08:18
同人誌『はらっぱ 16号』を読む
同人誌『はらっぱ 16号』を読む                      佐藤重男 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 13:22
少年詩時評「ウンチ」の詩
少年詩時評「ウンチ」の詩          佐藤重男  □ 先日、『生命科学の静かなる革命』(福岡伸一 インターナショナル新書 集英社 2017.1)を読んだことを紹介した際に触れたように、特に面白かったのは(分かりやすかったのと、関心にぴったりだったこと?)、第三章の中の「消化管は生命の最前線」の項目です。 念のためにお浚いをしておくと、 「消化酵素は消化管に対しては悪影響を与えないのか」という疑問は正当だとして、次のようにいいます。 「消化管に分泌された消化酵素にとって敵味方の区... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 09:38
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「かえるの国」
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「かえるの国」                    佐藤重男  □ 今回は、『かえるの国』(池田あきつ ジュニアポエム双書125 教育出版センター(銀の鈴社) 1997.9)から作品を引かせてもらうことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 12:20
同人誌『まらかいと 22号』を読む
同人誌『まらかいと 22号』を読む                     佐藤重男 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 11:31
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「パリパリサラダ」
『ギャラリー 風の贈りもの』から―「パリパリサラダ」           佐藤重男  □ 今回から、『ギャラリー 風の贈りもの』というタイトルで、これまで、本ブログでとり上げて来た少年詩・童謡集から、これからも読み継いでいきたい作品を拾い集め、その全文を引いていくことにします。 なお、タイトルに『風の贈りもの』とありますが、わたし個人のいろんな想いを込めて名付けたもので、必ずしも「風」を詠ったものだけをとり上げていくわけではありません。 また発行年にはこだわらず、ランダムに紹介していく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 12:09
少年詩時評『生命科学の静かなる革命』を読む
少年詩時評『生命科学の静かなる革命』を読む           佐藤重男  □ 『生命科学の静かなる革命』(福岡伸一 インターナショナル新書 集英社 2017.1)を読みました。 本書は、福岡自身の論考(第一章「生命科学は何を解明してきたのか?」と第三章「ささやかな継承者として」)と、尊敬する科学者へのインタビュー(第二章「ロックフェラー大学の科学者に訊く」)の二つから構成されています。 特に面白かったのは(分かりやすかったのと、問題関心にぴったりだったこと?)、第三章の中の「消化管は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 09:42
少年詩時評「2017活躍する子どもたち−新聞記事より」
少年詩時評「2017活躍する子どもたち―新聞記事より」            佐藤重男  □ 以前、「F1レーサーをめざす小学6年生」という見出しで、何人かの小中学生たちの活躍を紹介しましたが、切り抜き帳を整理していたら、気象予報士に合格した小学生のことがわかりました。 このことに加え、対象の範囲を高校生までに広げると、この一年、それはそれはたくさんの子どもたちがいろんな分野で活躍していることがわかります。 既報の分も含めて、一覧にしてみました。(原典は「朝日新聞」記事 11月10日発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 10:22

続きを見る

トップへ

月別リンク

少年詩2010/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる